スタッフブログ

地震
自然災害(地震)について

皆さん、こんにちは。浜屋ハウジングの佐藤です。今回は自然災害(地震)についてご説明させて頂きたいと思います。

皆さんご存知の通り、日本は地震大国です。私たちの住んでいる栃木県の宇都宮市の地震発生率はどの位かご存知でしょうか?平成29年4月時点での震度6弱以上の地震が30年以内に起こる確率は13%と非常に高い数字となっております。ちなみに約10年前は震度6弱以上の地震発生確率は、宇都宮市で0.3%、他県では岩手県が0.2%、福島県は0.1%と非常に低い確率が予想されていたのです。

 

震度6弱以上の地震発生確率が現在13%とはどれくらいの確率なのか?例を挙げさせて頂きます。台風通過の確率は100%、交通事故に遭う確率が15%、火災に遭う確率が1.1%と交通事故に遭う確率と同等の高い数値が予想がされているのです。

 

しかも地震が発生した際には、震度5強では歩行が困難になり、固定していない物が落下し倒れる。震度6弱では耐震性の低い木造建築物では瓦の落下、建物の傾きが起こる。震度6強では耐震性の低い建物は傾き、倒壊の恐れがあるとされているのです。ちなみに新潟県中越地方地震、新潟県上中沖地震、福岡県西方沖地震、能登半島沖地震、三重県中部地震、岩手・宮城内陸地震、熊本地震などでテクノストラクチャー工法の住宅は躯体の損傷なしと実証されております。

 

地震大国だからこそ開発されたのがテクノストラクチャーなのです。安心、安全な住まいをご提供するための強みがたくさんあるのです。

 

そこで次回は、安心の躯体設計についてご説明させて頂きたいと思います。

 

尚、10:00~17:30火曜・水曜の定休日以外はライブタウン三島、ライブシティ豊浦にてモデルハウス公開中となっておりますので、是非ご来場下さいませ。

 

2017.12.21 【スタッフブログ