スタッフブログ

地震イラストイメージ
問題です!

皆さん、こんにちは。浜屋ハウジングンの佐藤です。

早速ですが、今年最初はクイズ形式を含めて耐震等級等についてご説明させて頂きたいと思います。

 

(第1問)

新築直後に大地震に見舞われ、家が傾き住むことのできない状態になってしまいました。新築なのにこの状態は納得いかない!これって本当に耐震基準を満たしている家なのでしょうか?

 

A:満たしていない   B:満たしている

 

答えは・・・Bの「満たしている」なのです!驚かれた方もいらっしゃるとは思いますが、実は建築基準法では大地震の時、建物が倒れなければ良いとされているのです。言い換えれば、傾く程度はOKなのです。住めないから建て替えたくても、住宅ローンはなくなりません。仮に地震保険に加入していても補償額は建物価格の最大半分。2,000万円の家でも最大1,000万円までしか保険が支払われないのです。命を守るのはもちろんですが、その後の生活を守るためにも耐震性は非常に重要なものと言えます。テクノストラクチャーは日本最高基準である耐震等級3をクリアしております。

 

ちなみに、耐震等級3とは防災の拠点となる消防署と同じ等級なのです!

 

震度7相当の実大振動実験を5回実施。実験後の調査では主要構造体、接合金具の損傷や変形はみられず、屋根材・外装材・内装材の落下やズレ、損傷もないことが確認されました。実験住宅は耐震性の高い単純な間取りではなく、現実的な間取りで検証しております。これにより激震に耐えうる高い構造強度が立証されたのです!

 

最後に補足と致しまして、耐震等級3とは「強さ」の指数です。構造計算とは、それを確かめる術のことを言います。テクノストラクチャーは日本で一番厳しい基準の耐震等級3をパナソニックの構造計算でクリアした確かな強さの建物と言うことなのです。

 

今回の内容はいかがでしたでしょうか?本年も皆様にブログを通して、テクノストラクチャーの良さをお伝えしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

尚、10:00~17:30火曜・水曜の定休日以外はライブタウン三島、ライブシティ豊浦にてモデルハウス公開中。さらに1月13日(土)よりお得なキャンペーンを開催予定となっておりますので新築をお考えの皆様、この機会に是非ご家族皆様で、ご来場下さいませ!

2018.01.11 【スタッフブログ