スタッフブログ

屋根について

皆さん、こんにちは。浜屋ハウジングの佐藤です。今回は「屋根」についてご説明させて頂きたいと思います。

 

弊社では、陶器平板瓦を使用しております。陶器平板瓦とは、お茶碗などと同じ陶器の仲間の瓦です。自然素材である粘土と、うわぐすりを高温(1130℃)で焼き締めた、表面がガラス質の被膜で覆われた屋根材です。お茶碗等との仲間なので、肺がんの原因になるアスベストも一切使用していないもので、人にも地球にもやさしく、安心・快適・耐久性能をバランスよく備えたエコロジーな屋根材なのです。

耐久性については、変色や変質を起こしにくいので、時間が経過しても美しい外観を保つことができ、セメント系屋根材のように表面が塗装による着色ではないため、塗り替えの必要はありません。

 

耐震性についても瓦の施工方法が以前の土葺き工法から、屋根重量が軽く、瓦をしっかり固定する引掛桟瓦工法に変り、建物への負担が軽減しました。屋根材が軽いと地震の揺れを軽減することにもつながるのです。さらに、瓦同士がハイパーアームとアンダーロックでしっかりとロックされる構造のため、震度7クラスの地震でも耐えられることが試験で証明されております。正しく施工されていれば、瓦は地震や台風にも負けないのです!

 

防水性能においても、最も厳しい条件である降水量、風速でも、まったく問題にならない少量の瓦下の屋根への水滴付着といった結果となり、こちらも高い性能を実証しております。

 

施工方法もロック構造でありながら、普通の施工方法と変わりなく施工が可能です。7釘、クリップを使う耐風工法に比べて、施工性は大幅に向上しているのです。

 

厳しい自然環境の中でも十分な耐久性があること、安心・安全であることをお分かりいただけましたでしょうか?

次回からは設備面についてご説明させて頂きたいと思います。

 

尚、10:00~17:30火曜・水曜の定休日以外は、ライブタウン三島、ライブシティ豊浦にてモデルハウス公開中となっております。また、現在「お年玉キャンペーン期間中」となっておりますので、この機会に是非、ご来場下さいませ。

 

2018.01.29 【スタッフブログ