スタッフブログ

窓ガラス
窓について

皆さん、こんにちは。浜屋ハウジングの佐藤です。今回は住宅設備の「窓」についてご説明させて頂きたいと思います。

 

テクノストラクチャーの住宅では「窓」にもしっかりとこだわっております。それは、樹脂製の複合窓で高い断熱性能で夏涼しく、冬暖かい、いごこちをつくる窓です。

 

「樹脂」+「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」で実現した国内最高レベルの断熱性能で、冷気や直射日光に負けない、快適な空間が生まれるのです。アルゴンガスは空気層より熱を伝えにくく、空気に比べて熱伝導率を約30%抑えられるのです。しかも、熱の逃げにくさは単板ガラスのなんと4.5倍!室内の熱を逃がさず、冬場の窓辺の寒さも抑えられます。さらに防露性能も高く、樹脂サッシだから熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1になるため、ガラスにもサッシにも結露が発生しにくいのです。

アルゴンガス入りLow-E複層ガラスは、室内温度20℃、湿度60%の室内条件で、実験したところ外気温がマイナス35℃で結露が発生する結果となりました。これにより、結露のしにくさが実証されたのです。

 

結露はカビやダニの発生原因の一つでもあるので、結露しにくいということは、お掃除の負担も軽減され、健康被害や結露による建物の劣化も少なく、長く住むうえでも必要なポイントの一つとなります。

 

また、アルゴンガス入りLow-E複層ガラスは、Low-E金属膜を施したガラスと、板ガラスを二重にし、中間の空気層にアルゴンガスを注入した仕様で、断熱性能をさらに向上。冬の厳しい寒さにもお勧めできるものなのです。さらに特徴として採光や太陽熱の取入れを図りながら、一旦取り入れた太陽エネルギーを外に逃がしにくいので、暖房効果も高まります。

 

もちろんUV効果もあり、採光性を損なうことなく、紫外線(UV)の透過を防ぎ内装材や家具、人などに与えるダメージ(シミ・ソバカス・日焼け等)を大幅に軽減することができる窓なのです。

 

今回の「窓」についての内容はいかがでしたでしょうか?次回からは設備面についてご説明させて頂きたいと思います。

 

尚10:00~17:30火曜・水曜の定休日以外は、ライブタウン三島、ライブシティ豊浦にてモデルハウス公開中となっております。また、現在「お年玉キャンペーン開催中」となっておりますので、この機会に是非、ご来場くださいませ。

 

2018.02.02 【スタッフブログ